北海道小駅巡りの旅 3日目

ダルマ駅の中小屋駅からおはよう御座います。この日は、朝しか列車が運行されない札沼線浦臼以北の駅を回収し、自身初の宗谷本線へ。

浦臼から鶴沼迄輪行。

北海道小駅巡りの旅 3日目
鶴沼市街。車通りは多い。

北海道小駅巡りの旅 3日目
平成7年に閉校になった鶴沼小学校。現在は田園空間博物館農機具展示場として利用されています。鶴沼市街には一見民家が集まっていて、何より交通量が非常に多いのですが、早々と小学校が閉校になっているとなると、例に漏れず人口は少ないのでしょう。

下徳富で下車し、石狩川の対岸に在る砂川迄輪行。

北海道小駅巡りの旅 3日目
滝川で乗り継ぐ際に滝川駅前再開発ビル(スマイルビル)内の花月堂松尾製菓駅前店で購入した滝川旅情。割れたものが安く販売されていました。
地域のものを紹介して売り上げや知名度に少しでも貢献出来ればと思っているものの、↑のお菓子はANAの機内食としても提供されているらしいのでそんな必要無かったですね。(因みに2日前の夕張では「あかま」というお店で「炭脈」というお菓子を買いました。)

北海道小駅巡りの旅 3日目
比布迄行き、駅舎内のピピカフェで500円のランチを頂きました。比布産のお米を使用しています。尚、豚肉は比布産ではないそうで。(後から知ったのですが)別に北海道で養豚が盛んというわけでは決してないので当然と言えば当然です。上川総合振興局の町村(比布の他18町村を含む)の豚飼養経営体数は僅かに12、飼養頭数に至っては少な過ぎて「秘匿」。(第124回(平成29年)北海道統計書5 農業に基づく)

比布→(輪行)→蘭留名寄→(輪行)→日進と駅を巡り、その後は一気に稚内へ。取り敢えずは全線乗車を達成しておき(輪行しているのでこの時点では達成していませんが)、南下しつつ全駅巡る計画です。

北海道小駅巡りの旅 3日目
4327D 宗谷本線 普通 稚内行 キハ54 501 @美深

北海道小駅巡りの旅 3日目
64D 宗谷本線 特急サロベツ4号 旭川行 キハ261系SE-104編成 @美深

稚内で22分間だけ滞在し、折り返して勇知で下車し駅寝。

 

本日の総輪行距離(地図に基づく)

下徳富→砂川 6.5km
比布→蘭留 7.2km
名寄→日進 3.9km

計17.6km


北海道小駅巡りの旅の旅全記事一覧はこちら