中国鉄道旅行記2020 18・19日目

2020年1月25日(18日目)

🎊新年快乐🎊 今日は旧暦の正月、春節である。
明日は北京に降り立つだけなので、実質今日が最終日。

午前中は引き続き上海観光。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
新天地。嘗てのフランス租界の町並みを再現した人気スポットで、1920年代に見られた石庫門建築が並ぶ(『地球の歩き方』より)。実質お洒落な商店街なので、歩くだけ歩いて何も買わずに撤収。

続いて高速鉄道で蘇州へ。上海から約80km・35分。庭園で有名な都市である。
蘇州駅で下車すると、SMSでこのようなメッセージが届いた。

根据疫情防控需要,苏州全市各个旅游景区景点、文博宗教场所已暂停开放。为健康,少出门,不聚集,感谢您的理解与配合。――苏州市文广旅局

つまりは「感染症の蔓延を防ぐため、蘇州市の観光地・観光名所は一時的に公開を停止する」とのこと。これまでコロナの影響は一切無かったのだが、ここに来て遂に影響を被ることとなった。
とはいえ移動制限があるわけでもなく、外を出歩く分には何の問題も無い。

実は日本でSIMカードを契約したことが無かったため、日本でも自分の居る地域に応じて上のようにSMSで公的な案内が来るものだと思っていたのだが、日本ではそんなの無いと友人に教えられて初めて知った。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
蘇州のバス停(楽橋北)。景観に配慮したお洒落なバス停。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
怡園という庭園に来たが、コロナの影響で閉鎖していた。入園料が掛かるため、入るかどうか迷っていたので、丁度良かった。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
繁華街を歩いて玄妙観という道教寺院へ。建物の1つであるこの三清殿は、南宋代の1179年に再建されたもので、中国三大木造建築物の1つである(『地球の歩き方』より)。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
地下鉄を建設中。

続いて「大運河」として世界遺産に登録されている平江路歴史街区へ。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
中国鉄道旅行記2020 18・19日目
写真を良く見てみたら、半分くらいの人がマスクを着けていた。全然気付かなかった。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
1860年に太平天国の指導者・李秀成が王府を置いた場所(『地球の歩き方』より)である忠王府。こちらも一時閉鎖。

蘇州の最後は、同じく「大運河」の一部として世界遺産に登録されている山塘街へ。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
中国鉄道旅行記2020 18・19日目
暗くなってきたので、灯りが灯され始めた。綺麗。

このまま蘇州に居てもやることが無いので、既に18時を回り暗くなってはいたが、ちょっと小さい街に足を伸ばして逆張りオタクとしての優越感を得ることにした。高速鉄道に乗って約40km・30分、無錫へ。4時間のみの滞在。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
路線バスに乗車し、古い街並みを残す恵山古鎮へ。この時間帯でも開いているところを探してわざわざ来たのだが、閉まっていた。多分コロナのせい。

市街地へ戻り、「大運河」の一部として世界遺産に登録されている「清名橋歴史街区」へ。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
清名橋歴史街区の北側入口に位置する南禅寺

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
中国鉄道旅行記2020 18・19日目
中国鉄道旅行記2020 18・19日目
個人的には赤い灯りが中国っぽいのでとても好き。
3枚目の写真の中央奥に見える橋が清明橋

無錫駅に戻り、中国鉄道旅行の最後を飾るのに相応しい「夜行新幹線」に乗車。17日前に離れた北京へ。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
最後の晩餐は、中国の鉄道でお馴染みのカップラーメン。炭酸飲料は個人的に好きなのと、店にもよるが3元≒50円という安さだったので、中国に居る内に飲まなきゃ損ということで毎日飲んでいた。

2列席に横になって就寝。

2020年1月26日(19日目)

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
朝ご飯は車内で購入した15元(≒240円)のお弁当。高速鉄道の車内で購入するのは初。車内で販売しているものにしては良心的な価格。というか食堂車が高過ぎ(7・8日目参照)。

中国鉄道旅行記2020 18・19日目
午前9時半、北京駅到着。18日振りに帰ってきた。

気付いたら北京市の疾病予防センターからこんなSMSメッセージが届いていた。

亲爱的市民朋友,我是已启动新型冠状病毒防控一级响应机制,请您履行好个人防控义务,在这段时期少外出、戴口罩、勤洗手、不握手;如果您最近14日内去过湖北或其他疫情较重地区,请主动向所在单位、街道(乡镇)、社区(村委会)登记联系方式,居家或在固定场所不外出,进行14天自我监测;如有发热、乏力、干咳等症状,请佩戴口罩,自行前往或拨打120前往就近发热门诊就医,为了您和他人的安全,切勿乘坐公共交通工具。谢谢您的配合!北京市疾控中心

(筆者訳)親愛なる市民の皆さん、本センターでは既に新型コロナウイルス予防・抑制のための第一級対応体制を実施しました。個人の予防・抑制義務を実行し、この時期は外出を減らし、マスクを着用し、手洗いに努め、握手をしないようお願いします。もし直近14日以内に湖北省或いはその他蔓延状況が比較的重い地区へ行ったことがある場合は、自発的に住民組織に連絡方法を登録し、自宅か或いは同じ場所に留まり外出せず、14日間自己の健康観察を行ってください。もし発熱、だるさ、空咳等の症状がある場合は、マスクを着用し、自分で或いは救急車を呼んで最寄りの発熱外来で医者に掛かり、自分と他人の安全のため、決して公共交通機関に乗らないようにしてください。ご協力有り難うございます!北京市疾病予防センター

今見返してみると、意外と大変な状況だったらしい。普通に生活してて何も言われなかったので、全然気付かなかった。

自宅に戻って荷物をまとめ、翌日、予定通り日本へ帰国した。🈡

 

中国鉄道旅行記2020の記事一覧はこちら
中国の駅の紹介記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA