広島電鉄本線 猿猴橋町

ホームが非常に狭い。
広島駅前~稲荷町間では大きく迂回していて、又広島駅前直前で大通りを通過するため路面電車の渋滞が発生し所要時間が長くなっているということで、平成30年代半ばを以て、現在の荒神橋経由から、広島駅から真っ直ぐ進み駅前大橋を経由する経路に変更となります。但し的場町~稲荷町間は地元の要請もあり循環線として残るため、広島駅前~的場町が廃止になります。その区間に唯一存在する電停が、この猿猴橋町。(こちらの、主に資料2と4が参考になるかと)
因みに「猿猴」は「猿類の総称」(大辞泉より)で、「猴」も猿の意(新漢語林より)だそうです。

 

広島電鉄本線 猿猴橋町
電停全景・電停周辺
広島電鉄本線 猿猴橋町
駅名標
広島電鉄本線 猿猴橋町
広島駅前方。広島駅前電停からは200mしか離れていません。