〔韓国〕長項線 青所

靑所 청소 /tʃhɔŋso/ チョンソ

駅舎は長項線で最古のもので(1961年竣工)、「近代の簡易駅舎の建築様式が良く表れており、元の状態が良く保存され、建築的・鉄道史的価値が大きい」(駅舎前の看板より筆者訳)ということから、韓国の登録文化財第305号に指定されています。ホームが狭いのも特徴。残念ながら、線形改良に伴い2020年に移転予定です(参考1参考2)。
停車する列車は1日上下各4本と訪問難易度は高めですが、運良く1日2回だけの交換時に訪問出来ました。ナムウィキにも書かれている通り、交換時には駅舎とホーム間の通路が列車で埋まってしまい、通行出来なくなります。
ホームが狭く見通しが悪い&列車交換中は当然そっちの業務をしているお蔭で、駅員に見付かることなく、列車から降りてすぐに駅舎と反対方向に歩きホーム端まで到達し、駅構内の写真を撮影することが出来ました。が、ホーム端で列車交換を見届けた後に見付かり、ホーム反対端から笛をピーピー鳴らされ、とっととホームから出るよう催促されました。厄介だなあ。駅自体が観光名所になっている極一部の駅では比較的寛容なのですが、駅舎が登録文化財に指定されているくらいじゃ、容易にはホームに上がらせてくれないということですね。窓口を無人化したことだし、運転扱い要員も廃止してくれ。

 

〔韓国〕長項線 青所
駅舎
〔韓国〕長項線 青所
駅名標
〔韓国〕長項線 青所
駅舎内
〔韓国〕長項線 青所
閉鎖された窓口。下の貼り紙には「乗車券の前売りは広川駅大川駅をご利用くださいますようお願いします。」と書いてあります。
〔韓国〕長項線 青所
駅構内
〔韓国〕長項線 青所
益山方
〔韓国〕長項線 青所
駅前
〔韓国〕長項線 青所
列車交換中のホーム。
右(1番線):1557レ ムグンファ号 益山行
左(2番線):1558レ ムグンファ号 天安行


場所はこちら