〔韓国〕東海線 東方(旅客扱い廃止)

東方 동방 /toŋbaŋ/ トンバン

ナムウィキでは「1977年信号場に降格、1982年旅客扱い廃止」となっている一方、Wikipediaでは「1977年廃止、1978年信号場として営業再開、2005年無人化」となっており、1977年或いは1978年からは信号場だったみたいですが、旅客扱いが廃止された時期は良く分かりません。
韓国の田舎では良くあることですが、集落の規模に全く似つかわしくないどでかい高層住宅団地が、駅近くに建っています。高層住宅があるくらいの町なのに何故駅が廃止になるんだ……と思うところですが、小さな集落でも高層住宅が建設されるというのと、大都市圏を除き鉄道は中・長距離輸送しか担っていないため小さな駅は廃止・休止になるというのが背景にあります。

 

〔韓国〕東海線 東方(旅客扱い廃止)
駅舎。施錠された柵があり近付けません。
〔韓国〕東海線 東方(旅客扱い廃止)
柵の間から撮影した駅舎。
〔韓国〕東海線 東方(旅客扱い廃止)
駅舎(遠景)
〔韓国〕東海線 東方(旅客扱い廃止)
駅前1
〔韓国〕東海線 東方(旅客扱い廃止)
駅前2


場所はこちら