津軽線 中小国

JR東日本とJR北海道の境界駅として、また海峡線と津軽線相互間の「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」のため、時刻表では幾度と無く目にし、記憶にこびり付いていました。さぞ大きな駅だと思い込んで調べてみたら小さな無人駅で、何で??と疑問が湧いた記憶があります。どこで切って読めばいいんだと、読み方も謎だった記憶が。
小学生時代以来脳に刻み込まれていた中小国の折角の初訪問だったのですが、津軽線全駅下車のため厳しい日程を組んだせいで、隣の大平から4km歩き、へとへとになりながら列車の時刻の約10分前に到着。余り堪能出来ずに終わってしまいました……

 

津軽線 中小国
駅入口
津軽線 中小国
駅名標
津軽線 中小国
待合室内
津軽線 中小国
駅構内
津軽線 中小国
駅前