函館本線 余市

余市町の中心市街地に位置します。NHKの朝ドラの舞台にもなったニッカウヰスキーの余市蒸溜所へは徒歩3分で行けます。駅からも見えます。 当駅始発・終着の列車が1往復設定されています。   駅舎 駅名標 駅舎内1 […]

続きを読む
函館本線 豊幌

札幌から27.2km・9駅目にして初の無人駅です。駅前にのみ市街地が形成されていますが、その外側には農地が広がっています。   駅舎 駅名標 駅舎内 駅構内 駅前

続きを読む
函館本線 然別

当駅始発・終着の列車が1日3往復設定されています。大きな駅というわけでは全く無いので、山越えの手前だからかと思ったのですが、稲穂嶺を越えるのは銀山~小沢間。となると、銀山では折り返せない(?)からということなのでしょうか […]

続きを読む
函館本線 銭函

札幌方面からのほしみ行の列車は、当駅迄回送されて中線で折り返します。銭函行で良いのでは?と思ったものの、ホームの無い中線でしか留置出来ないので仕方無いですね。   駅舎 駅名標 駅舎内1 駅舎内2 駅構内 駅前

続きを読む
函館本線 小樽築港

当駅で下車し、経営難に苦しむ「ウイングベイ小樽」というショッピングセンターを通り抜け、海と港を眺めながら新日本海フェリーの乗船口迄歩き、新日本海フェリーで脱北(海道)しました。小樽から船1本で新潟や舞鶴へ行けてしまうとは […]

続きを読む
函館本線 小沢

駅舎側ホームに面していた線路と中線が撤去され、駅構内には更地が広がっています。寂しい……。 駅を出て約100m進むと国道5号・276号に出ますが、その交叉点の角に在る「末次商会」というお店では、「トンネル餅」という名の駅 […]

続きを読む
函館本線 塩谷

1日16.5往復列車が発着するのですが、小樽から1駅目にして1日に11回交換が設定されています。小樽で交換するよう調整出来なかったのでしょうか? 駅の直ぐ裏には小樽塩谷ICが在るのですが、森林に遮られて良く見えません。 […]

続きを読む
函館本線 稲穂

上下各ホームに小さな駅舎が設けられています。 札幌から12.6km・7駅目にして初の無人駅です。とは言え、駅周辺には住宅街が広がっており、利用者数が少ないわけではありません。 札幌運転所に隣接しています。   […]

続きを読む
函館本線 妹背牛

妹背牛町の中心市街地に位置します。 駅舎内には座布団が置かれていたり、壁に作品が飾られていたり、置物があったりと、地域の方々が手入れしてくださっているようです。   駅舎 駅名標 駅舎内 駅構内 駅前

続きを読む
函館本線 納内

駅舎には「納内時計台プラザ」という使われていなそうな名称が付いています。駅舎内には深川市役所納内支所も入っています。駅舎の右側から、駅舎に入らず直接ホームへ出られます。   駅舎 駅名標 駅舎内 駅構内 駅前

続きを読む
函館本線 江部乙

以前は朝の通勤・通学時間帯に、滝川発江部乙行と江部乙発岩見沢行が設定されていましたが、2018(平成30)年3月17日のダイヤ改正で、前者は廃止、後者は深川発岩見沢行に延長となり、江部乙始発・終着列車は無くなりました(参 […]

続きを読む
函館本線 近文

旭川市街地西部に位置し、周辺には住宅も多いのですが、無人駅です。仕方無いと言えば仕方無いのですが、旭川へ行こうにも1日9.5往復しか無く非常に不便です。公共交通としては路線バスが頻繁に走っているので、旭川へ行く分には鉄道 […]

続きを読む