〔韓国〕全羅線 参礼

参禮 삼례 /samne/ サンネ

線形改良に伴い、2011年に旧駅舎から300mのところに現駅舎が新築されました。旧駅舎は「世界マッサバル美術館」(「マッサバル」はお碗の一種)として利用されていましたが、2017年12月31日に閉館となりました(参照)。私が当地を訪れたのは2019年6月で、美術館(=旧駅舎)の入口は当然ながら閉鎖されていたものの、館内は閉館以来余り手を付けていないらしく、特に荒れているというようなことはありませんでした(画像参照)。(参考

 

〔韓国〕全羅線 参礼
駅舎
〔韓国〕全羅線 参礼
駅名標
〔韓国〕全羅線 参礼
駅舎内1
〔韓国〕全羅線 参礼
駅舎内2
〔韓国〕全羅線 参礼
駅構内。ホームで列車を撮影した際のこの写真しかありませんでした……。
〔韓国〕全羅線 参礼
駅前
〔韓国〕全羅線 参礼
旧駅舎。新駅舎より立派。
〔韓国〕全羅線 参礼
旧駅舎の内部。ガラス越しに撮影。


場所はこちら