根室本線 厚床

2018年1月21日

数年前迄、厚床は有人で(実際には20年以上も前に完全無人化されていました)駅弁も近年迄売っていたような気がするし厚岸と同じくらいの規模だと勘違いしていて、調べる内に勘違いも解けていったのですが、それでも「厚床は主要駅だ」と心のどこかで思っていました(完全に厚岸とごっちゃになってますね)。
そういうこともあって、交換設備が撤去され棒線化されると知ったときは衝撃でした。「あの」厚床までもが……、というように。
勘違いから発した完全に私的な厚床のイメージを繰り広げてしまいましたね。失礼しました。

それでも、駅前に出ると、落石、昆布盛といった近くにそれなりの大きさの集落が在る駅とは格の違いを感じました。何より住宅の密度が高いし、営業中の商店の数も多い。衰頽しているとは言え、拠点としての性質は周囲の駅より強く持っています。街から出ると一転して原野になるが、ちょっとした拠点になっている小さな街に試しに住んでみたいなと、ふと思いました。

乗車人員1日平均は12.4人。
 

根室本線 厚床
駅舎

根室本線 厚床
駅名標

根室本線 厚床
駅舎内

根室本線 厚床
駅前

根室本線 厚床
根室方

根室本線 厚床
釧路方

根室本線 厚床
平成28年3月のダイヤ改正で交換列車が無くなり、駅舎向かいのホームが使用されなくなりました。雪に埋まっています。