内子線 内子

昭和61(1986)年の予讃線支線開業と共に現在地に移転してきました。駅とその前後は高架橋が続き、上下方向ともトンネルが控えています。高規格。
駅は内子町の中心の内子地区に在るのですが、何故か内子町役場は内子駅と五十崎駅の両駅から2kmのところ(平岡地区内)に在ります。
 

内子線 内子
駅舎
内子線 内子
駅名標
内子線 内子
駅舎内
内子線 内子
駅構内
内子線 内子
駅前